ボディーメンテナンス

脱毛クリームは除毛クリームに改名すべきである

投稿日:2019年10月20日 更新日:

ムダ毛処理はまず大きく脱毛と除毛に分けることができます。
毛根から根こそぎムダ毛を処理するのが脱毛、毛を抜くのではなくて表面の毛を取り除くのが除毛です。

このうち、脱毛の主要な方法としては、医療脱毛やエステ脱毛などのレーザー施術による脱毛、家庭用脱毛器による脱毛、ブラジリアンワックスによる脱毛などが挙げられます。

一方除毛の方はといいますと、シェーバーやカミソリなどによる除毛、脱毛クリームを用いた除毛という方法となります。

名前が実態を裏切っているタイプの困ったアイテム

ここで「脱毛クリーム」に違和感を感じる人もいるかもしれません。
脱毛クリームは名前に「脱毛」と入っているから、「除毛」ではなくて「脱毛」なのではないか、という疑問が浮かんでくるのは当然のことです。

しかし、脱毛クリームというのは「クリームを使って毛を溶かす」というムダ毛処理であって、毛根から根こそぎ処理する方法ではないわけです。
ですから、脱毛クリームというのは「看板に偽りあり」なのであって、正確には「除毛クリーム」なのです。

脱毛クリームを脱毛の比較にいれるのは端的に間違っている

脱毛の方法として脱毛クリームがオススメできないのは当然のことで、それは、そもそも「脱毛」ではないのです。

たまに、除毛の方法である脱毛クリームを、医療脱毛、家庭用脱毛器、ブラジリアンワックスなどの脱毛の方法と混同して比較している文章を見かけますが、それは「野球」と「クリケット」ぐらいに違うものを同じものとして比較しているような、まったく誤った比較なのです。
https://ultraviolet-rays.biz/

-ボディーメンテナンス

執筆者:

関連記事

no image

皮膚が弱い人は紫外線対策

肌が敏感だったり乾燥していたりすると、日焼け止めを使うのもためらってしまうのではないでしょうか。肌が弱い人は、やはりそういう点も気を付けなくてはなりません。そこで、ここでは肌に優しい日焼け止めについて解説します。

no image

ジムに通うようになった理由と効果

プライベートジムはやっぱり凄かったです。ダイエットに効果的だとは聞いていましたがまさかここまでとは。プライベートジムに通うようになった理由とその効果で現在がどうなっているのかをお伝えしたいと思います。

no image

日焼けから身を守ろうとする消費者をごまかすための巧妙な造

日焼け止めにおけるケミカルとノンケミカルという言葉は身も蓋もない言葉です。ノンケミカルという言葉は、紫外線吸収剤という成分が入っていないという意味でしかなく、ケミカルの日焼け止めと同程度の化学物質が使用されていることを知る必要があります。化学物質が使われていない日焼け止めはこの世に存在しません。

no image

高保湿の炭酸シャンプーで髪が潤う?

ルメントの高保湿成分で髪と頭皮が潤ってフケや乾燥を防ぐヒミツとは?

no image

【コンプレックス】街を歩くのが恥ずかしい

ここ最近街を歩くと周囲の視線が気になってしまいます。その理由は明白。着ている服のサイズが明らかに合っていないからです。ピッチピチなのですもん。というのも仕事のストレスもありここ数カ月で体重が激増しちゃったんですよ。何とかならないかな。

Archives

Category