ファイナンス

金融庁の規制で大きく変わったバイオプの投資法

投稿日:

バイナリーオプションのペイアウトは1000円というのが基本だ。

以前は倍率固定だったが、今はペイアウト金額が取引ごとに固定になっている。

そのためペイアウト率は変動するようになっているのが日本。

一方で海外ではペイアウト率を指定している取引業者がある。

日本でも以前はこの形式で、金融庁の取引への規制により今の形になった。

ペイアウトが固定になったことで、国内のバイナリーオプションから海外のバイナリーオプションに取引を移行する投資家が増えている。

国内の場合、投資先のチケットの価格設定で倍率はどうにでもなり、バイナリーオプションで設けられるかを簡単に支配できるため、投資家が離れた原因だ。

利益確定したい投資家とバイナリーオプションの取引で利ざやを確保したい国内業者との戦いになっているためだ。

ペイアウト率

ペイアウトの金額が固定のため、比率が変動する。

チケットの購入額は基本的に1枚50円~999円というのが一般的だ。

50円でチケットを買えばペイアウトの倍率はバイナリーオプションとしては夢のある20倍にまで跳ね上がる。

50円で買って1000円のペイアウト。チケとを100枚買っておけば100000円だ。

しかし、50円というと、あまりにもかけ離れた位置の相場となってくる。

これが予想したとおりの相場になるということは何かしらの金融事件や世界的な規模の災害が起こったときなどだ。

つまりバイナリーオプションで20倍というのは非現実的ということになる。

ペイアウトの倍率にとらわれるのは得策ではない。

バイナリーオプションの取引

バイナリーオプションでの取引では金額を重視したやり方が相応しい。

日本では特にその傾向が強くなるのは言うまでもない。

バイナリーオプションの取引ではいくらの投資でいくら返ってくる可能性があるか、この点を最も重要視することになるだろう。

逃げるという手段もあり、必ずしもギャンブル性の高い取引対象ではない。

いくら回収できるか、損切も含めて取引を行っていくのが大事なのだ。
https://bo-ranking10.com/

-ファイナンス

執筆者:

関連記事

no image

過剰なキャンペーンを行っている会社は危険

ソーシャルレンディングでもし過剰ともいえるキャンペーンを行っている会社があればそれは危険である可能性が高いので注意が必要です。

no image

口座開設や入金と本番取引を検証

バイナリーオプションランキングサイトブログを検証しました。また、ネットに流通している勝てるツールや商材などブログも実際に購入して本番取引で検証しました。そんな結果に基づいてバイナリーオプションランキングをまとめました。

no image

評判の高いクラウドクレジット

みんなのクレジットがアフィリエイト報酬を高くして不正に評判を高くしていましたが、今はソーシャルレンディングの本当に評判が解る様になっています。

no image

ランキング圏外の業者は使えない?

バイナリーオプションのランキングを見ると大体いつも同じ名前が並んでいます。それだけ知名度も安定感も抜群という事でしょうがバイナリーオプションは大変人気の業界です。業者も星の数ほど存在しているのにランキングに載っていないならその業者は使えないのでしょうか?

no image

BOで連打戦法は通じるのか?

ハイローオーストラリアの攻略法は人それぞれお持ちかと思います。しかし誰しもが一度は経験した事があるであろうこの連打戦法。連打で大勝したという人もいれば全く逆の結果になったという人も。果たして有効な戦法なのでしょうか。

Archives

Category