ファイナンス

投資で得た利益の税金や申告とは?

投稿日:

2017年、仮想通貨は「仮想通貨元年」といわれるほど急激に値上がりし、ニュースなどでも取り上げられ日本国内でも多くの人々に知られるようになりました。東京オリンピックに向けて更なる値上がりを予想する人も多く、仮想通貨をてにする人も増えたのではないでしょうか。

今回は仮想通貨など通貨取引の投資で得た利益の税金についてや確定申告について簡単にご紹介します。

確定申告とは?

毎年1月から12月の1年間で得た所得を計算して国に申告し、税金を収める手続きのことをいいます。確定申告の前に、源泉徴収や予定納税で確定申告するということもあります。

仮想通貨で得た利益は雑所得

雑所得には、仮想通貨以外にも株取引やFXなどで得た利益などが当てはまり、仮想通貨を購入してから売却したときの利益額を申告し、納税しなければなりません。

雑所得は1年を通して20万円を超えなければ、確定申告を行わなくてもよいことになっているようです。

仮想通貨が譲渡所得になる場合

仮想通貨を人から譲り受けた場合や、給与などの支払いを仮想通貨でもたった場合、50万円を超えると申告の対象となります。逆に50万円以下の場合は課税対象外となるので、50万円が境目となることを覚えておきましょう。詳しくは以下の金融庁のサイトで確認することができます。

仮想通貨の税金や計算方法が分からない場合

いつもの種類の仮想通貨を数か所の取引所や販売所などで保有していたりしていると、損益がわからなくなることがあります。ビットコインなどの仮想通貨の税金問題を解決してくれるサービスや、損益を無料で計算してくれるサービスも登場しているので、きちんと納税するためにもこうしたサイトを利用してみてもいいかもしれませんね!

もし申告を行わなかった場合は延滞納税など税が加算されるほか、脱税という罪に問われる可能性があるので、仮想通貨で利益を得たら1年の収益を計算して確定申告を行い、きちんと納税するようにしましょう。

納税や仮想通貨の取引業者一覧などに関する情報サイトは、僕が参考にさせて頂いている仮想通貨 取引所を見てみるといいかもしれませんね。

-ファイナンス

執筆者:

関連記事

no image

過剰なキャンペーンを行っている会社は危険

ソーシャルレンディングでもし過剰ともいえるキャンペーンを行っている会社があればそれは危険である可能性が高いので注意が必要です。

no image

トレードの練習はスマホで簡単にできる

ハイローオーストラリアのクイックデモ機能は登録手続きが一切不要で多くの初心者経験者に活用されています。

no image

BOには運も必要

経験と知識が何よりもバイナリーオプションで高い勝率を維持するために必要なものです。しかしそればかりではどうにもならない時はあります。為替相場という生き物を相手にしている以上100%という可能性は存在しないのです。時には運頼りがあるのも認めましょう。

no image

金融庁の規制で大きく変わったバイオプの投資法

バイナリーオプションのペイアウトは日本では固定金額となっている。この取引では重要とされるのは金額による利益と損失の算出だ。海外のようなペイアウトの比率を固定していないためだ。高い倍率で投資額を倍増させようと考えうと、ペイアウトの罠にはまる。

no image

評判の高いクラウドクレジット

みんなのクレジットがアフィリエイト報酬を高くして不正に評判を高くしていましたが、今はソーシャルレンディングの本当に評判が解る様になっています。

Archives

Category